住宅を購入する際の頭金と返済・審査について

住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金は一切かかりません!と言った様な広告もありますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。
借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。
ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。
なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。
無料で借り換えOKという所はほとんどありません。
借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
色々な面から審査されるそうです。

フラット35金利の特徴は?失敗しない比較ポイント!【金利一覧で選ぶ?】